スポンサーリンク

さわだ行政書士事務所, 契約

令和2年4月1日に施行される改正民法(債権法)については、「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」への変更が最大のポイントとなります。

契約

民法改正による使用貸借では、貸主は借主に立ち退きを求める要件は?逆に、借主は立ち退きを拒む根拠は?そのための具体的な方法は?

趣味・雑学・その他

「解析不能な構造化データ」のエラーで値の型「@id」って、なんじゃこりゃ、ですね。この現象について修正をするには、まず原因の特定から始めないといけません。

さわだ行政書士事務所, 不動産

土地の賃料の相場を求める方法の一つが、公租公課倍率法という方法です。どうすれば賃料相場をしることができるのか、その方法を詳しく解説します。

さわだ行政書士事務所, 相続・遺言

行方不明者がいるからと相続を諦めるのは、まだ早い!遺産分割のためまずは自力で手続きを進めるための方法があります。

さわだ行政書士事務所, 戸籍・住民票

親子の縁を切る、関係を断つことは法的にできるの?意図的に戸籍から名前を消すこと(除籍)はできるの?養子縁組の場合は?

さわだ行政書士事務所, 戸籍・住民票

その役割と保存期間は?戸籍謄本・住民票との関係は?引っ越しや結婚をすれば、戸籍と戸籍の附票はどうなるの?

さわだ行政書士事務所, 結婚・離婚

初婚同士の場合は、二人のための新戸籍が編製される

二人が初婚の場合は、それぞれが親の戸籍に入っているので、婚姻のため親の戸籍から離脱して、婚姻するどちらかを筆頭者とする戸籍が新しく編成されます。

参 考 記 事

結婚したら二人 ...

さわだ行政書士事務所, 相続・遺言

なるべく若いうちに”賢い”遺言書を

遺言書を確実なものとするためには、「公正証書遺言」で作られる方が多いです。

これは、できれば若いうちに作っておくことが望ましいと思います。

なぜなら次の理由があるからです。

相続・遺言

他人の抵当権は負担でしかない

親が死亡するなどで相続が発生した場合に不動産があれば、親から子へ、子から孫へという所有権の移転が順当となります。しかしその不動産に抵当権などの負担が付いていれば、相続することで負担まで負うことになります。こ ...