スポンサーリンク

京都府福祉のまちづくり条例 建物を使用する許認可は必要な知識

2016年7月22日

許認可について

障がい者福祉施設の居室増設のため、京都府の土木事務所と協議をしてきました。

一般住宅を施設として利用するためには、用途変更が必要になります。

建築基準法では、その用途に供する部分の床面積が100㎡以下なら用途変更が不要なのですが、ここで問題なのが、「京都府福祉のまちづくり条例」です。

バリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)の定めるところにより、地域により条例で、対象建築物の拡大や対象規模の引き下げ、バリアフリー基準の強化の基準を付加することができます。

京都府ではこの項目を「京都府福祉のまちづくり条例」に定めているのですが、この基準は結構要件が厳しいのです。

事業の用途により、その基準は異なるのですが、福祉施設にしても、新築で物件を建設する場合は、この条例への適合が求められます。

適合している物件には、写真にあるような適合証が発行されるのです。

一方、既存の建物を施設として利用する場合はどうでしょう。

既存の物件で、条例の基準を完璧に満たすには、柱など構造的な改修が必要ですから、小さな物件にまで一律にすべての基準の適合を求めるのは現実的ではありません。

もちろん条例に適合させるのが本来ですが、利用されていない適した物件があるのなら、有効活用すべきです。

そこは行政も理解を示すところですから、ここで「協議」となります。

行政書士は官公庁の手続代理が行えますから、私たちの出番です。

この協議が整い、必要な改修工事を行うことで、住宅(居宅)であった物件でも、施設として利用する道が開けることになります。

ただし条例に適合しているわけではありません。

よって、写真にある「適合証」も発行されないのです。

街にある福祉施設等に「適合証」が貼り付けてないのは、このような理由があるからで、条例違反をしている訳でもありません。

バリアフリー法と条例のおかげで、障がいのある方もない方も、快適に過ごしやすい街づくりが行われています。

スポンサーリンク

新着記事

遺言書は創意工夫により作成する価値が数倍にアップ!?専門家に依頼する理由とは 

なるべく若いうちに”賢い”遺言書を 遺言書を確実なものとするためには、「公正証書 ...

その抵当権は大丈夫?親の不動産を相続する前に確認したいこととは!?

他人の抵当権は負担でしかない 親が死亡するなどで相続が発生した場合に不動産があれ ...

特別養子縁組の制度が変わる!原則15歳未満まで対象に!

令和2年4月1日から改正民法が施行 特別養子縁組の対象年齢が15歳未満に 特別養 ...

チュートリアル徳井義実氏は納税違反だけではない!社会人として果たすべき義務とは!?

所得税が未納付だった背景は? お笑い芸人の徳井義実氏(チュートリアル)について、 ...

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...