京都府福祉のまちづくり条例|許認可申請の要件は法律だけではない!?

2016年7月22日

まちづくり条例の適用について

障がい者福祉施設の居室増設のため、京都府の土木事務所と協議をしてきました。

一般住宅を施設として利用するためには、用途変更が必要になります。

建築基準法では、その用途に供する部分の床面積が100㎡以下なら用途変更が不要なのですが、ここで問題なのが、「京都府福祉のまちづくり条例」です。

バリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)の定めるところにより、地域により条例で、対象建築物の拡大や対象規模の引き下げ、バリアフリー基準の強化の基準を付加することができます。

京都府ではこの項目を「京都府福祉のまちづくり条例」に定めているのですが、この基準は結構要件が厳しいのです。

新築の場合は、どうなるの?

事業の用途により、その基準は異なるのですが、福祉施設にしても、新築で物件を建設する場合は、この条例への適合が求められます。

適合している物件には、写真にあるような適合証が発行されるのです。

既存の建物を施設として利用する場合はどうなるの?

既存の物件で、条例の基準を完璧に満たすには、柱など構造的な改修が必要ですから、小さな物件にまで一律にすべての基準の適合を求めるのは現実的ではありません。

もちろん条例に適合させるのが本来ですが、利用されていない適した物件があるのなら、有効活用すべきです。

そこは行政も理解を示すところですから、ここで「協議」となります。

行政書士は官公庁の手続代理が行えますから、私たちの出番です。

この協議が整い、必要な改修工事を行うことで、住宅(居宅)であった物件でも、施設として利用する道が開けることになります。

ただし条例に適合しているわけではありません。

よって、写真にある「適合証」も発行されないのです。

街にある福祉施設等に「適合証」が貼り付けてないのは、このような理由があるからで、条例違反をしている訳でもありません。

まとめ

許認可申請を行う場合、国による法律のほかに、事業所のある所在地を管轄する都道府県もしくは市町村の条例も考慮しなければなりません。

社会福祉については、バリアフリー法と条例のおかげで、障がいのある方もない方も、快適に過ごしやすい街づくりが行われています。

人気記事ランキング

  1. 戸籍から名前を消す、抜くなどして法的に親子の縁を切る方法はあるの?親子関係の断絶について
  2. 「どぶろく」を作るのは個人でも違法なの?合法的に楽しむ方法は?違反した場合の罰則・罰金は?
  3. 事業復活支援金|確定申告書の控えを紛失|その対処法は?
  4. 図書カードなどの金券を安全で適切に送る方法とは|普通郵便?それとも書留?宅急便(宅配便)で送れるの?
  5. 法的に『親子の縁を切る』、親子関係を断絶することはできるの?
  6. 相手を間違えてお金を振り込んでしまった!お金はもう、戻って来ないの?
  7. 地番図とは|公図で場所が特定できない土地の所在地を調査する方法
  8. 職権削除とは|住民登録抹消・住所不定になれば給付金・住民税・保険証はどうなるの?住民登録を復活させる方法は?
  9. 公衆用道路とは|その負担と責任は?自治体に寄贈するための条件とは?
  10. 特別養子縁組とは|普通養子縁組と何が違うの?
  11. 住所不定のままでは罰則がある!?保険証も使えないの?住民登録を怠るリスクについて、常磐道あおり運転から法律上の問題を考えます
  12. 遺産分割協議書への記載|登記簿それとも固定資産台帳、どっちの情報を書くべきなの?
  13. 果実酒について|自宅で作って違法性はないの?酒税法との関係は?免許は必要なの?
  14. 開業届の提出先について|窓口はどこ?税務署のほか都道府県や市区町村に届出をする必要はあるの?
  15. 離婚したら子どもの戸籍どうなるの?父(元の夫)の戸籍に残ったまま!?母(親権者)の戸籍に入れるにはどうするの?

Posted by synce-office