スポンサーリンク

距離計といえば「ライカ」もアリ!老舗カメラメーカーが作る機材は高性能!

2016年8月5日

私、ライカ持ってるよ

カメラ好きの人であれば、「おおっ。すごい!」と思われるかもしれません。

ライカのカメラって高級機ですよね。100万円ぐらいすると思います。

私は持っています。ライカ。

でも、カメラではなく、ライカ製の「距離計」です。

以前の私は趣味はカメラと言っていましたので、ライカは憧れの存在でした。

そんな時、距離計が必要になったのです。

行政書士は許認可申請をするときに、必要書類として平面図などを作成することがあります。

身近なところで言えば、飲食店を開業するときにも、許可の申請に平面図は必要です。

部屋や廊下の広さや廊下の幅などを測量して、図面を作成していくのです。

距離計と言えば、国内ではBOSHが有名ですね。

私もBOSHかなと思っていた時に、ライカを見つけたので、すぐに買いました。amazonで。2万円ぐらいでした。案外安いですよね、ライカなのに。

2万円でライカを所有できるんですよ。

「私、ライカ持ってる」と言えるんですよ!

距離計のロゴも、カメラと同じデザインです。当たり前ですが。

一方、BOSHも日本では電動工具のイメージが強いですが、世界的には自動車の部品メーカーとしてトップシェアなんですよね。

日本ではデンソーのような企業と言えば分かりやすいかもしれません。

そんな2社が距離計を作って販売していることは、あまり知られていません。

まとめ

意外なジャンルでのシェア獲得の機会を見逃さなかったのは、さすがライカ。世界有数のトップ企業です。

ニッチなところにビジネスチャンスがある。参考になります。

スポンサーリンク

Posted by synce-office