スポンサーリンク

高齢者も安心して暮らせる社会を 成年後見制度をご存じですか?

2019年8月16日

新聞記事から

先日、新聞を読んでいると、「高齢の方は賃貸住宅に入居しにくいことがある」という記事を見ました。

オーナー(大家)さんが嫌がることがあるらしいのです。

亡くなられた後のことに理由があるようで、身内がいらっしゃるといいのですが、単身の方の場合、お葬式を出したり、家財の処分など、大家さんが負担になることを想定されるようで、できれば若い元気な方に入居してもらいたい要望があるそうです。

分からなくはないですが、切ない話ですね。

おそらく、面と向かって断られることなく、なんとなくそれとなく、契約しないのでしょうね。

ご本人からすれば、財政的な理由や、飼っていたペットを連れて入居できないことなどで断られるなら仕方ないと納得もできますが、自分の老い先を理由に拒まれ住むところがないのは、辛いです。

では、この状況を乗り越えるには、どうすればいいのでしょうか。

その一つの答えは、成年後見制度を活用できないか、検討をすることだと思います

成年後見は、例えば認知症など、自己弁識能力と言われる判断能力の著しい低下があった時に利用できる制度だと思われていませんか?

もちろんそれも想定されていますが、将来に備えて利用することができます。

任意後見制度では、健康なうちからご本人と契約をすることで、もし認知症が発症すればその時点から契約の効力を発生させることができるうえ、後見人ができる権限もご本人の希望される範囲で付与することができますから、老後において生活が心配であれば、後見人に見守りや財産管理を行ってもらうことができます。

その際に、死後事務委任契約も一緒に結んでおけば、ご本人が亡くなられた後は、後見人がお葬式を出したり永代供養の手続きをしたり、家財の処分をしてくれます。

これで、大家さんの心配はなくなりますよね。

入居した後についても、契約している任意後見人がいることで、もしもの時があった時には、後見人が契約など手続きを行ってくれますし、認知症などで入居した賃貸物件では生活できない状態になった時にも、後見人はケアマネージャーなどと協議をして、ご本人に代わり福祉施設への入居の道を探すなどすることになります。

成年後見といえば、権利をはく奪されるようなイメージがありますが、任意後見という選択肢はあくまで将来への備えであって、ご本人が心身ともに健康な状況の間は、能力や法律行為が制限されるようなことはありません。

後見人には法定後見と任意後見の2種類があることを、ぜひ知っておいてください。

もし、現在において認知症を発症されているのであれば、ご本人に代わり法定後見人の存在が必要になります。

なお、後見人の選任は、家庭裁判所に申立ててから数か月を要しますので、ご注意ください。

かつては身内が選任されることがほとんどでしたが、この近年は専門職従事者である職業後見人の就任が増えてきています。

「遠くの親戚より近くの他人」ではありませんが、身のまわりのことや財産管理を任せるのですから、第三者の誰でも良いというものではないからでしょうね。

この国が世界に誇れる社会福祉立国となるには、成年後見制度に代表される支え合いの仕組みが重要だと思います。

スポンサーリンク

新着記事

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...

養子縁組は戸籍の見誤りにご注意を!見落せば相続の時に問題になるかも!?

日本の戸籍制度は複雑でややこしい 例えば、家の後継ぎのことや、相続税対策などのた ...

d払いによるフィッシング詐欺も補償対象に!NTTドコモが発表

NTTドコモのd払いについて、特殊詐欺による大きな問題が発生しています。その被害 ...

離婚では親権など子の問題を最優先に!後回しにして離婚すべきではないですよ

手放した親権を取り戻すことは難しい 子のいる夫婦は婚姻中は、父母ともに親権者(共 ...