スポンサーリンク

その相続の「放棄」は、本当に「相続放棄」ですか?

2019年8月29日

f:id:synce-office:20170420144132p:plain

相続放棄について

親族が亡くなって相続が発生した場合、「遺産(財産)を受け継ぐ」というイメージですよね。

「オレ、親父の遺産を相続したので、住宅購入の資金に充てたよ」なんてことも、よく聞きます。

このような財産は、プラスの財産ですから、有難いですよね。

しかし、亡くなられた方のマイナスの財産、つまり、借金なども相続すれば受け継ぐことになります。

このような場合であれば、「親父には財産のなかに借金があったらしく、兄貴が引き継いでくれたので、オレは相続放棄したことになったみたいだよ」というようなことも、よく聞きます。

フムフム、でも、これって、ちょっと危険なにおいがします。

ポイントとしては、「オレは相続放棄したことになったみたい」というところです。

これって、伝聞ですよね。

お兄さんに手続きは任せておいて、本人さんはその結果の報告を受けたに過ぎませんよね。

だとすると、本当の意味での「相続放棄」は成立していないかもしれません。

法的に「相続放棄」するためには、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に相続放棄の申立てを行わなければなりません。

お兄さんが本人に代わって相続放棄の申述はできませんから、この場合、相続放棄をしたということは相続人の間でのみ有効な事実であり、お父様の借金の取り立て人(債権者)には、それを理由として拒否(対抗)することはできません。

f:id:synce-office:20170420151549p:plain

つまり、お兄さんが借金を完済するなどして処理できていなければ、取立人は本人にも支払い請求ができることになります。

これは、遺産分割協議書や念書、合意書などの書面に相続しないことの文言があったとしても同様です。

これって、怖いですよね。

本人は相続放棄をしたと信じているので、プラスの財産がもらえないばかりか、最悪の場合、借金も背負うことになりかねません。

「相続放棄」をするのなら、家庭裁判所で相続放棄をすることが必要です。

しかも、分かりやすく簡単に言えば、「亡くなってから3か月以内」という期限があります。

このことからも、相続は早め早めの手続きが重要ですね。

スポンサーリンク

新着記事

チュートリアル徳井義実氏は納税違反だけではない!社会人として果たすべき義務とは!?

所得税が未納付だった背景は? お笑い芸人の徳井義実氏(チュートリアル)について、 ...

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...

養子縁組は戸籍の見誤りにご注意を!見落せば相続の時に問題になるかも!?

日本の戸籍制度は複雑でややこしい 例えば、家の後継ぎのことや、相続税対策などのた ...

d払いによるフィッシング詐欺も補償対象に!NTTドコモが発表

NTTドコモのd払いについて、特殊詐欺による大きな問題が発生しています。その被害 ...