相続放棄について|遺産分割協議書や口約束でした放棄は、法的な効力を持つの?借金などマイナスの財産から逃れることはできるの?

2017年5月6日

f:id:synce-office:20170420144132p:plain

法的な意味の「相続放棄」について

親族が亡くなって相続が発生した場合、「遺産(財産)を受け継ぐ」というイメージですよね。

「オレ、親父の遺産を相続したので、住宅購入の資金に充てたよ」なんてことも、よく聞きます。

このような財産は、プラスの財産ですから、有難いですよね。

しかし、亡くなられた方のマイナスの財産、つまり、借金なども相続すれば受け継ぐことになります。

このような場合であれば、「親父には財産のなかに借金があったらしく、兄貴が引き継いでくれたので、オレは相続放棄したことになったみたいだよ」というようなことも、よく聞きます。

フムフム、でも、これって、ちょっと危険なにおいがします。

ポイントとしては、「オレは相続放棄したことになったみたい」というところです。

これって、伝聞ですよね。

お兄さんに手続きは任せておいて、本人さんはその結果の報告を受けたに過ぎませんよね。

だとすると、本当の意味での「相続放棄」は成立していないかもしれません。

法的に「相続放棄」するためには、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に相続放棄の申立てを行わなければなりません。

お兄さんが本人に代わって相続放棄の申述はできませんから、この場合、相続放棄をしたということは相続人の間でのみ有効な事実であり、お父様の借金の取り立て人(債権者)には、それを理由として拒否(対抗)することはできません。

f:id:synce-office:20170420151549p:plain

つまり、お兄さんが借金を完済するなどして処理できていなければ、取立人は本人にも支払い請求ができることになります。

これは、遺産分割協議書や念書、合意書などの書面に相続しないことの文言があったとしても同様です。

これって、怖いですよね。

本人は相続放棄をしたと信じているので、プラスの財産がもらえないばかりか、最悪の場合、借金も背負うことになりかねません。

まとめ

「相続放棄」をするのなら、家庭裁判所で相続放棄をすることが必要です。

しかも、分かりやすく簡単に言えば、「亡くなってから3か月以内」という期限があります。これをしなければ、法的に相続放棄をしたことにはなりません。

相続は早め早めに、そして確実な手続きが重要ですね。

人気記事ランキング

  1. 戸籍から名前を消す、抜くなどして法的に親子の縁を切る方法はあるの?親子関係の断絶について
  2. 職権削除とは|住民登録抹消・住所不定になれば給付金・住民税・保険証はどうなるの?住民登録を復活させる方法は?
  3. 図書カードなどの金券を安全で適切に送る方法とは|普通郵便?それとも書留?宅急便(宅配便)で送れるの?
  4. 法的に『親子の縁を切る』、親子関係を断絶することはできるの?
  5. 地番図とは|公図で場所が特定できない土地の所在地を調査する方法
  6. 公衆用道路とは|その負担と責任は?自治体に寄贈するための条件とは?
  7. 旧賤ヶ岳トンネル(賤ヶ嶽隧道)がマツコの知らない世界で紹介されました
  8. 住所不定のままでは罰則がある!?保険証も使えないの?住民登録を怠るリスクについて、常磐道あおり運転から法律上の問題を考えます
  9. 「どぶろく」を作るのは個人でも違法なの?合法的に楽しむ方法は?違反した場合の罰則・罰金は?
  10. 遺産分割協議書への記載|登記簿それとも固定資産台帳、どっちの情報を書くべきなの?
  11. 特別養子縁組とは|普通養子縁組と何が違うの?
  12. 譲渡担保とは|不動産の登記簿に記載があれば要注意!抵当権と何が違うの?
  13. 土地の一部に限って賃貸借や売買することは可能なの?分筆の必要性は?法的な権限はどうなるの?
  14. 亀岡平和祭保津川市民花火大会とは?見どころは?混雑を避けるアクセス方法は?
  15. 【臨時特別給付金】住民税が課税されている人の扶養親族のみの世帯ではないことの定義とは?

Posted by synce-office