スポンサーリンク

図書カードなど金券を安全で確実に送る方法とは?

2018年8月1日

贈り物(送りもの)には図書カード

私は書店員でもあるので、お子さんへの贈り物として喜ばれるのは、やっぱり図書カードNEXTです。クオカードもありますが、使えるお店が限定されます。図書カードなら、全国の書店で使えるので、とても便利です。

さわだ書店でも図書カードは、年末と夏休みによく売れます。

しかし、手渡しが出来ればいいのですが、用事などで会えない時などは、送る方法も考えますよね。

現金を送るには現金書留である必要がありますが、プレゼント感はないので、やっぱり図書カードなどの金券は最適です。

金券(チケット)を郵送する方法

金券は、郵便なら送れます。

一方、有価証券を送ることが出来ない宅急便(宅配便)では、送ることできませんので、ご注意ください。

金券なら、84円の普通郵便で送ることもできます。

でも、補償がないですよね。しかも郵便受けに投函して終わりですから、確実に届いたのか不安でもあります。

そんなときは、簡易書留扱いにして送ります。

普通に封筒に図書カードを入れて封印し、郵便局に持って行って、「簡易書留でお願いします」と言えば送れます。

簡易書留の場合、届いたという通知(連絡)はありませんが、届いたかどうかは、追跡調査できます。

しかも万が一の場合は、金額に応じて最大で5万円まで補償を受けることもできます。

安心ですね。

でも私の場合、郵便局まで事務所から遠いので、「レターパック」をよく使います。

郵便ポストに投函すれば、日本郵便のインターネットのサイトから追跡調査をすることができるので、便利です。

ただし、2種類あるレターパックは、ライト(青)は郵便受け投函にて配達完了、レターパックプラス(赤)は、受け取り確認(手渡し)が行われますが、どちらも万が一の場合の補償はありません。

まとめ

高額なものを送る時は簡易書留(最大5万円まで補償)もしくは一般書留(最大10万円まで補償)、ゆうパック(最大50万円まで補償)がオススメ

郵便局(日本郵政)のサービスは便利に利用したいですね。

スポンサーリンク