スポンサーリンク

帰化申請に嘘はご法度!誠実に申述することが大事です

2019年7月21日

f:id:synce-office:20181220114922p:plain

帰化される方は増えてるの?

最近、うちの事務所に帰化申請の依頼が増えてきたので、日本国籍を取得する人が増えてきたのかなと思っていました。

でも統計的には、日本に帰化(国籍取得)される方は、減ってきているようです。

法務省の統計によれば、過去5年間の国籍取得者は、

  • 平成25年 1,030人
  • 平成26年 1,131人
  • 平成27年 1,089人
  • 平成28年 1,033人
  • 平成29年 966人

うーん、微減ですね。

一方、過去5年間に国籍を離脱した人の数は、

  • 平成25年 380人
  • 平成26年 603人
  • 平成27年 518人
  • 平成28年 613人
  • 平成29年 770人

こちらは増えてます。

これは、自分の意思で日本国籍を離脱した人の数ですから、日本の人口減少によるものではありません。

私の場合、帰化申請を依頼されるのは、そのほとんどが特別永住者の資格を持った韓国籍の方です。

亀岡という地域には、まだまだ企業の数が少ないためか、街にも外国人の姿を見ることは、あまりありません。

絶対的に、外国人の方の数が少ないというのも、要因なのでしょうね。

外国人労働者を多く抱える企業や工場がある地域では、多国籍の方による帰化の希望があるのだと思います。

特別永住者の資格を持った方は除いて、就労による在留資格から最終的に帰化に至るには、年数がかかります。

また、その方の経歴や素行など、個人的な側面が重要視されますから、帰化が容易でないことも多いようです。

これは知り合いの行政書士から聞いた話なのですが、フィリピン国籍の方が日本への帰化を希望されたそうです。

でも、ヒアリングを進めて行くうちに、同じくフィリピン人の配偶者と離婚したいと考えてらっしゃることが判明しました。

実はフィリピンでは、離婚という制度が存在しません。

でも実態としては、全てのフィリピン人が婚姻関係を継続しているかといえば、そうではありません。

実際には、国際結婚であれば、相手方の国の法律に則り成立した離婚を、フィリピン国が認めるという方法がとられるようです。

フィリピン人同士の結婚であれば、婚姻解消の手続きを取るしかありません。

離婚という制度がない以上、婚姻の事実そのものが存在しなかったという、タイムマシンのような方法で、婚姻すらしていない状態に戻すというものです。

いずれにしても、婚姻関係を解消するには、超法規的は措置の扱いとなりますから、かなりの時間と手間と弁護士費用、裁判費用がかかるようです。

よって、離婚は一般市民にとって、現実的なものではありません。

話を戻すと、このフィリピン人の方が帰化したいという動機は、フィリピン人同士の現在の婚姻を解消して、日本人との結婚がしたい、でした。

フィリピンに生れて住んでいた時代に結婚したが、就労で日本に来て、そこで知り合った方と親密になり、結婚話が進んだ模様。

しかし、いざ結婚したくても、できないことが判明したのです。

外国人と結婚する場合には、婚姻要件具備証明書が必要です。

これは、独身であることを国が証明してくれるものです。

当然ながら、婚姻関係にある以上、婚姻要件具備証明書は発行されません。

そこで、困ったフィリピン人の方は、「帰化して日本人になれば、結婚できる!」とお考えになったのでしょう。

だから、帰化を希望されたようですが、これって動機として間違ってますよね。

配偶者が本国にいるのに、その一方のみが日本に帰化することの蓋然性がありません。

そもそも、フィリピンでの離婚よりも、日本への帰化が容易であるはずがありません。

専門家に依頼すれば帰化できると安易に考えたのでしょう。

もちろん、そのフィリピン人の方からの帰化の依頼は、断ったとおっしゃっていました。

帰化に嘘はご法度!

帰化を希望される場合、これは大前提なのですが、嘘はいけません。

人を欺こうという行為を、国は嫌います。

帰化にあたり、国が最も重要視しているのは、その人の人間性です。

これから日本人になろうとしている人が、素行が悪かったり、平気で嘘をつくような人を、日本国民としたくはないのです。

帰化申請を専門家に依頼される場合も、絶対に嘘を言うのはダメですよ。

隠したい事実や過去もあるでしょうが、国にはバレます。

なにしろ、半年から1年ぐらいかけて、国は帰化希望者のことを、徹底的に調査します。

その段階で、嘘が判明したら、どうですか?

その人の信頼性が、一気に失われますよね。

帰化が認められることに、大いに暗雲が立ち込める悪い要因になります。

一方、調査で問題がなければ、この人なら日本国民になって大丈夫という結論が出て、ようやく帰化が許可されます。

ですから、過去の万引きや軽微な交通違反も、包み隠さず申し出てくださいね。

お願いします。

スポンサーリンク

新着記事

チュートリアル徳井義実氏は納税違反だけではない!社会人として果たすべき義務とは!?

所得税が未納付だった背景は? お笑い芸人の徳井義実氏(チュートリアル)について、 ...

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...

養子縁組は戸籍の見誤りにご注意を!見落せば相続の時に問題になるかも!?

日本の戸籍制度は複雑でややこしい 例えば、家の後継ぎのことや、相続税対策などのた ...

d払いによるフィッシング詐欺も補償対象に!NTTドコモが発表

NTTドコモのd払いについて、特殊詐欺による大きな問題が発生しています。その被害 ...