スポンサーリンク

宅急便の集配連絡を装う迷惑メールにご注意を

2019年7月21日

f:id:synce-office:20180807135946p:plain

詐欺メールにご注意

あらまあ、詐欺メールにまんまと私は引っかかりました(ギリギリで回避できましたけど)。

これはいかんですよ。

特に業者は業務を行ううえでメールの内容を確認しようと思いますもん。

被害拡散の抑止のため、あえて企業名を実名で挙げますが、現在、ヤマト運輸株式会社からの集配連絡を装った迷惑メールが横行しています。

もちろん、ヤマト運輸は被害者で注意勧告もされています。

当店(さわだ書店)は、ヤマト運輸と契約し宅配物の集配代理店をしているのですが、つい先日に、利用される方の利便性の向上のため、ヤマト運輸のホームページ上に当店の情報を掲載する取り決めをしたばかりで、メールアドレスもお伝えしましたから、てっきりそれによる連絡が始まったのだと思いました。

ですから何の躊躇もなくメールを開けたのですよ。

メールの本文だけでは連絡事項が不明なため、付いていた添付ファイルに明細があるのかなと、何の疑いもなく開けようとします。

圧縮ファイル(ZIP)なのですが、ここでも疑いませんでした。

結構すぐには開かないんですよね。

「あれ、開かないなあ。なんでだろ?」とか思いながら、「これは私の能力を試されている時だ!」と燃えまして、こうなれば意地ですよ。

無理やりにでも解凍しようとして、ようやく解凍できた瞬間、勝ち誇る気分になった瞬間、セキュリティソフトのウィルスバスターがそのファイルを消してくれました。

ここでようやく、「あれ?やばかったのかな」と気付いた次第です。

怖いですね。思い込みって。疑いませんもん、おかしいって。

今年の2月には日本郵政の名前で同様の問題が発生していたらしいのですが、知らなかった。

7月11日付けの日本経済新聞にも注意を促す記事が掲載されていたようですが、気付かなかった。

私は新聞の何を読んでいるんでしょう。

今回のことでオレオレ詐欺に引っかかってしまう人の心理が分かりました。

恥ずかしながら勉強になりました。

そして、ウィルスバスターのすごさを知りました。

やるなあ。

スポンサーリンク

新着記事

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...

養子縁組は戸籍の見誤りにご注意を!見落せば相続の時に問題になるかも!?

日本の戸籍制度は複雑でややこしい 例えば、家の後継ぎのことや、相続税対策などのた ...

d払いによるフィッシング詐欺も補償対象に!NTTドコモが発表

NTTドコモのd払いについて、特殊詐欺による大きな問題が発生しています。その被害 ...

離婚では親権など子の問題を最優先に!後回しにして離婚すべきではないですよ

手放した親権を取り戻すことは難しい 子のいる夫婦は婚姻中は、父母ともに親権者(共 ...