スポンサーリンク

亀岡市の学校を応援してください! ふるさと納税で学校支援が可能に

2018年7月25日

「ふるさと」って、いいものですよね。

ふるさと納税

ふるさと納税とは、特定の自治体を選んで寄付をすると、その寄附金を確定申告することで所得税・住民税の控除の対象となる制度ですよね。

私も昨年、初めて行いました。

案外簡単で、それの専門のサイトもありますから、利用しやすい制度だと思います。

そのふるさと納税の制度を活用して最近、地元の学校を応援しようという試みが広がっています。

亀岡市の取り組み

我が亀岡市でも、今年度から「亀岡市のふるさと納税 京都亀岡学校応援事業」がスタートしています。

亀岡市/京都亀岡学校応援事業

これは、亀岡市内の小中学校(義務教育学校を含む)を選択して寄付すると、その寄付額の2分の1が必ずその学校の予算として配分されるというもの。

今までは、亀岡市内の特定の学校を金銭的に支援したくても、亀岡市に寄付するとか、亀岡市にふるさと納税するとか、その対象は亀岡市だったために、実際に学校の予算として活用されるかの確実性はありませんでした。

しかし、この制度を利用すれば、例えば母校に対してピンポイントに支援することができます。

しかも、所得税や住民税の控除対象となるのですから、有難いですよね。

ただし、注意事項があります。

選択した学校の予算となるのは、寄付された金額の2分の1です。でも、残りの2分の1は亀岡市教育委員会に配分されると聞いていますので、亀岡市の学校教育の現場のために使われるお金であることに変わりはありません。

つまり、例えばスタジアムの予算に回ることはないのです。

返戻金にご注意

しかし、この制度で寄付されても、返戻品はありません。

総務省の指導により、どの自治体も返戻金は寄付額の概ね3割以内とする必要があるので、お得感は少し減ってきていますが、亀岡市の学校支援制度では、全くありません。

用途を制限しての寄付額なので、市の全体の予算から返戻品の費用を捻出するのは馴染まないという判断なのでしょうか。

お財布事情から理解はできますが、返戻品もあればこの制度の利用者が増えますから、学校現場の予算により反映されるのにな、というのは私の願いです。

なお、亀岡市住んでいる皆さんでも、この制度は利用できます。

亀岡市在住の方も、それ以外の市区町村にお住まいながら卒業生や亀岡に縁のある方はぜひ、亀岡市の学校を応援してください!!

なにしろ亀岡は、良いとこですから

スポンサーリンク

新着記事

遺言書は創意工夫により作成する価値が数倍にアップ!?専門家に依頼する理由とは 

なるべく若いうちに”賢い”遺言書を 遺言書を確実なものとするためには、「公正証書 ...

その抵当権は大丈夫?親の不動産を相続する前に確認したいこととは!?

他人の抵当権は負担でしかない 親が死亡するなどで相続が発生した場合に不動産があれ ...

特別養子縁組の制度が変わる!原則15歳未満まで対象に!

令和2年4月1日から改正民法が施行 特別養子縁組の対象年齢が15歳未満に 特別養 ...

チュートリアル徳井義実氏は納税違反だけではない!社会人として果たすべき義務とは!?

所得税が未納付だった背景は? お笑い芸人の徳井義実氏(チュートリアル)について、 ...

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...