スポンサーリンク

夫と別れても、舅・姑の面倒を見るのは義務!? 行政書士が「姻族関係終了届」を分かりやすく説明!

2019年8月24日

f:id:synce-office:20180807114425p:plain

親族について

親族とは法律上は、6親等内の「血族」と、3親等内の「姻族」のことを指します。

ご存じの通り、「血族」とは、血縁関係にある人のことを言いますが、いわゆる血の繋がりだけでなく、例えば養子縁組をした場合も、その親子は「血族」となります。

一方、「姻族」とは、婚姻により一方の配偶者と、他方の配偶者との関係のことを言います。

つまり、日本では結婚することにより、これまでの自分の「血族」に、相手方(配偶者)の血族が「姻族」として加わるので、親族(いわゆる親戚)が増えることになるのです。

では、質問です。

離婚すれば、姻族との関係は、自動的に解消されるでしょうか?

答えは、「そのとおり!」です。

そりゃそうですよね。

何らかの原因があって、離婚が成立したのですから、その後も離婚した相手の親戚との関係が残るのは、おかしいですよね。

では、死別の場合はどうですか?

死亡した結婚相手(配偶者)の血族との関係は、自動的に解消されるでしょうか?

答えは「ノー」。です。

姻族関係終了届のこと

死別の場合は、「姻族関係終了届」を住所地の市区町村に出さなければ、結婚相手(配偶者)の血族との関係は、その後も続くことになります。

それでは、さらに質問です。

結婚相手(配偶者)を亡くした人が、「姻族関係終了届」を提出しないままに、誰か他の人と再婚したら、姻族関係は、どうなりますか?

答えは、「姻族関係が、さらに増える」です。

この事態が繰り返されることは、実際には、あまりありませんよね。

だって、再婚する相手の人が、ことごとく死亡していくとしたら、以前にニュースを賑わした事件であったり、映画「後妻業の女」にあったような恐ろしい事件も脳裏によぎります。

でも、法律に限って言えば、有り得る事態です。

ちなみに、姻族関係が増え続けたとしても、血縁に関係はないので、相続には影響を与えません。

ここで何が問題となるか考えると、「扶養義務」でしょうか。

直系血族と兄弟姉妹は互いに扶養義務を負います(民法877条1項)。

でも「姻族関係終了届」を出さないということは、例えば舅・姑との関係が残ったとしても、扶養義務が発生するとして民法に定める「直系血族」には当たらないですよね。

「じゃあ、大丈夫じゃん!」と思われるかもしれません。

しかしです。

民法877条2項において、「家庭裁判所は、特別の事情があるときは、3親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる」としています。

本人と、舅・姑との関係は、これに該当するのです。

姻族の親等は配偶者を基準にするので、舅・姑は1親等になります。

もちろん、「特別の事情」は、よほどの事情があることが必要とされるので、家庭裁判所は慎重に判断します。

でも、姻族関係が継続している限り、死別した相手の親を扶養する義務を求められる可能性はゼロではないということです。

「家制度」の時代は当然として、今でも配偶者の死後も舅・姑の面倒を見ること(扶養すること)は道義上で当たり前と言われれば、そんな感じもしますが、時代は変わりました。

少なくとも、強制されるものではないと思います。

と言いましても、私が「姻族関係は終了しましょうね」と言っているのではありませんよ。

あくまで、可能性として、有り得るというお話でした。

要は、血縁による関係でもなく、法律上の関係でもなく、当事者間の気持ちが大事ですよね。

スポンサーリンク

新着記事

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...

養子縁組は戸籍の見誤りにご注意を!見落せば相続の時に問題になるかも!?

日本の戸籍制度は複雑でややこしい 例えば、家の後継ぎのことや、相続税対策などのた ...

d払いによるフィッシング詐欺も補償対象に!NTTドコモが発表

NTTドコモのd払いについて、特殊詐欺による大きな問題が発生しています。その被害 ...

離婚では親権など子の問題を最優先に!後回しにして離婚すべきではないですよ

手放した親権を取り戻すことは難しい 子のいる夫婦は婚姻中は、父母ともに親権者(共 ...

旧賤ヶ岳トンネル(賤ヶ嶽隧道)がマツコの知らない世界で紹介されました

滋賀県長浜市の木之本側の旧賤ヶ岳トンネル入り口です。現在は雨漏りの修復工事中のた ...