スポンサーリンク

戸籍について 行政書士が戸籍制度の仕組みを分かりやすく解説!

2019年7月21日

f:id:synce-office:20180807113515p:plain

戸籍のこと

結婚をすれば、市区町村役場に提出する婚姻届において、そこで選択した婚姻後の夫婦の氏(姓)だった方を筆頭者とする、「新しい戸籍」が作られることになります。

このことについて、「なんで?」と思われたことはありませんか?

わざわざ新しく戸籍を作らずとも、「親の戸籍のままでいいじゃん」と。

現在の戸籍法では、戸籍は夫婦を基準に、その子供との間で作成することが定めています。

つまり、1つの戸籍に複数の夫婦が存在したり、3世代が存在することを禁止しています。

なので、結婚すれば婚姻届を提出すれば、必然的に親の戸籍から抜けることになるのです。

このことについて考えたりすることは、普段あまりないと思いますが、問題になるとすれば、おそらく「離婚」のときです。

例えば、子どもがいる夫婦が離婚したとします。

戸籍の筆頭者が夫の場合、妻はその戸籍から抜けますが、子どもは夫の戸籍に残ったままになることは、以前にこのブログでお話した通りです。

今回は、離婚した妻の戸籍の変遷と子との関係について、どのようになるのか、考えてみます。

「離婚届」の様式を見ますと、「婚姻前の氏にもどる者の本籍」の欄がありますので、戸籍の筆頭者ではない者(今回の場合は妻)は、「もとの戸籍にもどる」もしくは、「新しい戸籍をつくる」のどちらかに☑(チェック)をして選択することになります。

もし、子どもを自分の戸籍に入れたいと思うのなら、離婚届では、「新しい戸籍をつくる」に☑(チェック)することになります。

そして、その後に、「子どもの氏の変更許可申立書」を家庭裁判所に提出することになります。

もし、離婚届で「もとの戸籍にもどる」を選択したのなら、自分の親の戸籍にいながら、子どもをその戸籍に入れることはできません。

なぜなら、先程に述べた、「1つの戸籍に3世代は存在しない」というルールがあるためです。

この場合、本籍のある市町村役場にて「分籍届」を提出して、まずは自分が筆頭者になった新戸籍を編成することが必要になります。

そうすることで、その戸籍に子どもを入れることができるようになります。

なお、新しい戸籍を編成すると、二度と元の戸籍(親の戸籍)には戻れませんので、注意が必要です。

その後に、家庭裁判所にて、子どもの氏の変更が許可されたなら、これでようやく、婚姻時の戸籍から抜けた(除籍された)親権者が編成した新戸籍において、その子と同じ戸籍とすることができるわけです。

ややこしいですね。というか、離婚って大変ですよね。

戸籍ついて、戦前は日本では家制度がありましたから、家長である者が筆頭者となった戸籍に、その子の配偶者も、その子どもも一緒に記載されていました、

興味のある方は、自分の直系血族の戸籍は取得できますから、市町村役場に行って、例えばおじいちゃんを筆頭者とする戸籍を見てみてください(手数料がかかりますが)。

一つの戸籍に、その子どもの配偶者や孫まで、記載されていますよ。

この場合は、戦前の戸籍まで遡ってくださいね。

先祖の戸籍を見ることで、自分の生い立ちを知っておくのも、いいかも知れませんね。

スポンサーリンク

新着記事

チュートリアル徳井義実氏は納税違反だけではない!社会人として果たすべき義務とは!?

所得税が未納付だった背景は? お笑い芸人の徳井義実氏(チュートリアル)について、 ...

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...

養子縁組は戸籍の見誤りにご注意を!見落せば相続の時に問題になるかも!?

日本の戸籍制度は複雑でややこしい 例えば、家の後継ぎのことや、相続税対策などのた ...

d払いによるフィッシング詐欺も補償対象に!NTTドコモが発表

NTTドコモのd払いについて、特殊詐欺による大きな問題が発生しています。その被害 ...