スポンサーリンク

離婚しても、子どもの戸籍は動かない!? 行政書士が戸籍について詳しく解説!

2019年7月21日

f:id:synce-office:20161007231710p:plain

子どもの戸籍について

昨日に引き続き、今日も離婚に関することで、お話します。

あまり一般には知られていないようですが、親が離婚して戸籍が別になっても、子どもの戸籍って動かないんですよ。

これを分かりやすく説明するために、上記のような図を作ってみました。

例えば日本では、夫婦が離婚した場合、母親が子の保護者となって、親権を持つことが多いですよね。

上記の図から山田太郎・花子夫妻が離婚して、子どもの和夫君を花子さんが引き取ったとします。

花子さんは離婚により、当然に夫である太郎さんの戸籍から抜けます。

つまり、太郎さんの戸籍から「除籍」されるのですが、子どもの和夫君の戸籍は、今までの太郎さんの戸籍から動きません。

「親権者は花子さんになったのに、戸籍はそのままって、おかしくないの?」と思われるかもしれませんが、離婚したのは太郎さんと花子さんであって、和夫君と太郎さんは親子であることの関係性に影響を及ぼさないからです。

ここに誤解があるのは、おそらく、離婚届の様式にもあるんだと思います。

離婚届には、親権者をどちらの親とするのかを記入する欄があるので、ここに書くことで、子の戸籍も親権者と一緒に移動されると思ってしまうのだと思います。

紛らわしいですね。

親権者である母親が、自分の戸籍に子どもを一緒に入れたいと希望するのなら、「子どもの氏の変更許可申立書」を家庭裁判所に提出することが必要になります。

離婚を経験されている方には、これは当たり前のようにご存じのことだと思うのですが、一般的には、ちょっと理解に苦しみませんか?

「そんなん、親権者と自動的にくっつくようにしておけばいいやん。」と思われるかもしれません。

でも、子どもであっても、未成年であっても、一人の人格であって尊重されるべきですから、親の都合で無条件に戸籍が行ったり来たりすると、安定性を保てないという配慮があるのかもしれません。

とはいえ、親の子どもへの愛情は深いものです。

同じ戸籍に入れたいという気持ちは、よく分かります。

また、離婚という高く険しいハードルを越えて、幸せに向けた第一歩を踏み出す決断をされることは、並大抵のことではありません。

子どものことを考えて、離婚に踏み出される方も多いと思います。

そんな重大な決意をされた方を、私は応援します。

ご自身の幸せのためにも、お子さんの未来ある将来のためにも、全力でお手伝いをさせていただいています。

スポンサーリンク

新着記事

チュートリアル徳井義実氏は納税違反だけではない!社会人として果たすべき義務とは!?

所得税が未納付だった背景は? お笑い芸人の徳井義実氏(チュートリアル)について、 ...

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...

養子縁組は戸籍の見誤りにご注意を!見落せば相続の時に問題になるかも!?

日本の戸籍制度は複雑でややこしい 例えば、家の後継ぎのことや、相続税対策などのた ...

d払いによるフィッシング詐欺も補償対象に!NTTドコモが発表

NTTドコモのd払いについて、特殊詐欺による大きな問題が発生しています。その被害 ...