スポンサーリンク

戸籍から名前を抹消する方法ってあるの?戸籍を抜いたり、法的に親子の縁を切ることはできるの?

2020年1月29日

戸籍とは存在し続けるもの

戸籍の基本的なルールとしては、

  • 生れたときに、親の戸籍に入る
  • 婚姻すれば、新しい戸籍が編製される(原則)
  • 死亡すれば、戸籍から除籍される

ポイントは、戸籍からは除籍されるだけで、その戸籍において生存している人がいなくなっても、戸籍は「除籍簿」という公文書として保管されます。2010年の戸籍法改正により、その保存期間は80年から150年に伸ばされました。

よって日本国民であれば戸籍が長らく保管されるため、その生きた証は死亡後において、150年間は消えることがないのです。

親子の縁を切る、関係を断つことは法的にできるの?

日本では戸籍法などの法令により、原則として法的に親子関係を断絶する(させる)ことはできません(特別養子縁組の成立を除く)。

参 考 記 事

 

よくドラマで、「勘当だ!お前とはもう、親でもなければ、子でないわ!」とか見ますが、あれは単なる形式的な気持ちの問題に過ぎません。「断絶だ!」と言っても法的に影響は及ばず、親子・兄弟間の扶養義務や相続関係は残ります。

意図的に戸籍から名前を消すこと(除籍)はできるの?

前述の通り、戸籍から完全に抹消することはできませんが、婚姻や離婚などで現在戸籍において見た目から消す(現在戸籍からは除籍)ことはできます。ただし、原戸籍には記載され続けます。

子の場合

20歳以上の子であれば、「分籍」することで、親の戸籍から離脱できます。この場合も本籍をおいた市町村役場にて新戸籍が編製されますから、その新戸籍には親や兄弟の名前は記載されません。ただし、一度分籍すると、もう元の親の戸籍には戻れないのでご注意ください。

また、子が婚姻すれば、親の戸籍から離脱します。

このいずれの場合も、子が戸籍から離脱した親は、転籍をすれば、その転籍先の戸籍には、その子の名前は記載されません。

親の場合

親が戸籍の筆頭者である場合、その戸籍から離脱することはできません。筆頭者の変更もできません。婚姻状態にある夫婦は、戸籍を分けることもできません。筆頭者ではない配偶者は、離婚すれば離脱できます。

離婚し入籍すれば、どうなるの?

現在戸籍において、元いた戸籍(例えば別れた旦那の戸籍)においては「除籍」の表示がされますが、その戸籍の筆頭者(例えば別れた旦那)が他の市町村に転籍するなどで新しく戸籍が変遷されれば、元配偶者(例えば別れた妻)の「除籍」の記録は記載されません。しかし、戸籍は過去に遡れるよう記録されていますから、「原戸籍」を取得すれば、結婚及び離婚の事実が記載されています。これを意図的に抹消することはできません。

まとめ

離婚などにより除籍されれば、その存在は本籍を移動(転籍)することで、現在戸籍の見た目からは消えます

ただし、原戸籍に影響はありません。

法的に親子の縁を切ることは、原則できませんが、見た目の戸籍(現在戸籍)から名前を消す(見えなくする)ことはできます。しかし、戸籍を遡れば、名前は出てきます。これを抹消することはできません。

特に父親が筆頭者であれば、その戸籍から名前を消すことは、どの段階の戸籍においても不可能でしょう。

いずれにしても、自分の出生から現在までの生い立ちを証明してくれる戸籍ですから、意図的に目的をもって表示を操作するような行為は、適切ではありません。適正な届出をお願いします。

スポンサーリンク