スポンサーリンク

値の型「@id」が正しくありません|サーチコンソールからのエラーメッセージの対処法

2020年3月5日

wordpressを使用してブログを書いている方に向けた話題です。

「解析不能な構造化データ」にエラーが!

サーチコンソールにて”値の型「@id」が正しくありません”って、なんじゃこりゃ、ですね。

この現象について、グーグル先生が「あかん」とおっしゃるのなら、対処するしかありません。

対象のファイルはJPEG画像では!?

どうやら、サーバーにアップロードしている画像が不具合を起こしているようです。

この画像ファイルを削除してやれば、とりあえず不具合は解消されることが分かりました。

該当画像が保管されている場所の探し方

いろんな方法があると思いますが、私が利用したのはフリーソフトである「Screaming Frog」です。

これをダウンロードして、自己のサイトの診断をします。SEO対策にも便利なソフトですよ。

ダウンロードしたなら、そのソフトにて自己のサイトのURLを入力して「Start」ボタンをクリックしましょう。

解析結果が出れば、上部にあるタグの「URL」を選択し、その項目の「Status」に注目しましょう。noindex以外の文字が表示されているURLこそまさに、グーグル先生から”値の型「@id」が正しくありません”と指摘されたものではありませんか?

だったら、そのURLに指定されているアドレス通りにサーバーのファイルを辿れば、問題の画像データが保管されているはずです。

wordpressを使用されているのなら、・・・wp-concent/uploads/・・・と記載されているはずです。

そして、この該当ファイルを消せばいいのです。くれぐれも違うファイルを消さないでくださいね。

消したなら、もう一度 「Screaming Frog」 で同じ要領で検索をかけてみてください。どうですか? 「Status」 の項目に表示されなくなっていませんか?

サーバーから該当データを削除する方法

コントロールパネルにcPanelを採用しているサーバーであれば、ファイルマネージャーから該当のURLを辿り、その画像ファイルを削除すればOKです。

もしくはFTPソフトを使ってサーバーからデータを削除することになります。

まとめ

値の型「@id」が正しくありません

この表示が出た場合、すでにサーバーにアップロードされている画像ファイルのため、修正するには編集の指示をしなければなりませんが、通常はWordpressの機能にはないと思います。 だったら、そのエラーを含む画像ファイルを強制的に排除するほかありません。

対処法としては、

①エラーのファイルと保管場所を特定する

②サーバーから削除する

以上で完了です!

サーバーのデーターを変更する作業になりますので、どうぞ慎重に。あくまで自己責任で行ってくださいね。

スポンサーリンク

Posted by admin