スポンサーリンク

貸金庫は開かずの扉!? 死亡後に困らないためにも遺言書を!

2019年8月20日

遺言書のこと

老若男女、年齢を問わず、大切な家族に財産を残すのなら、確実にできる方法を選びたいものです。

効力を発揮できないような遺言書は、書いても意味ないですから。

銀行等の金融機関は、口座の名義人であるご本人さんが亡くなられたときには、とにかく相続人の本人確認と、関係人の意思確認を徹底します。

その理由は、「責任問題が及ぶことを極力避けたいから」、です。

そのために基本は、銀行独自の委任状に相続人全員の印鑑をもらうよう求めてきます。

この方法が、法的にも一番、銀行として責任を負わなくて済むのでしょうね。

しかしこれは、相続の関係人にとっては、手間がかかり不便を強いられることになります。

なぜなら、遺言書があっても、遺産分割協議書が作られても、銀行からは、「預金の引き出しも名義の書き換えもできません」って言われるのですから。

まして、貸金庫なんて、特にその傾向が強いです。

文字通り、「開かずの金庫」になるのです。

これを避けるために有効なのが、「公正証書遺言」で遺言執行者にその権限を付与しておくことです。

ここで適切に必要な文言を盛り込んでおけば、他の法定相続人の同意なしに、単独で金融機関の財産を換価したり名義の書き換えをしたりすることができるようになります。

もちろん、絶対ではありませんので、ご了承くださいね。

ここで大切なのは銀行に、「請求に応じざるを得ない」内容を適正に相応に盛り込んでおくことです。

これって、市販のエンディングノートには書いてないですよ(たぶん)。

この信用力が、証明力の高さが、「公正証書遺言」が支持される理由であり、経験から言っても、より安心できる方式であることは間違いなく、私たち専門家がオススメする理由の一つです。

私たち行政書士は、単に文書の作成をすることだけが仕事ではありません。

人に寄り添い、お話をじっくり聞きながら、その方にとってベストな選択となるようアドバイスしながら相談しながら、進めていきます。

これは、遺言書の作成、相続の手続き、会社などの法人の立ち上げ、官公庁への許認可の申請手続き、成年後見についての相談、そのほか行政書士として関与する業務においては、いずれも同じ強い思いで行っています。

「依頼者の利益を最優先に考える」のが、私たち士業者の務めです。

この信念を常に念頭に置いて意識しながら、お話をお聞きします。

スポンサーリンク

新着記事

チュートリアル徳井義実氏は納税違反だけではない!社会人として果たすべき義務とは!?

所得税が未納付だった背景は? お笑い芸人の徳井義実氏(チュートリアル)について、 ...

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...

養子縁組は戸籍の見誤りにご注意を!見落せば相続の時に問題になるかも!?

日本の戸籍制度は複雑でややこしい 例えば、家の後継ぎのことや、相続税対策などのた ...

d払いによるフィッシング詐欺も補償対象に!NTTドコモが発表

NTTドコモのd払いについて、特殊詐欺による大きな問題が発生しています。その被害 ...