スポンサーリンク

相手を間違えてお金を振り込んでしまった!お金はもう、戻って来ないの?

2020年1月17日

f:id:synce-office:20181128140317p:plain

お金の振込先を間違うと、どうなるの?

通販の買い物の支払いなど、金融機関を通じてお金を振り込むことって、日常よくあることですよね。

送金して親戚や知人にお金を貸すということも、あるでしょう。

そんなとき、銀行から送金すれば取引履歴が残りますから、今やお金の送金は、現金書留とかではなく、振込みが一般的です。

特に、現在はネット社会ですから、ネットバンキングで振り込みが出来るため、パソコン上で「ポチっ」とクリックすれば、振込完了!という便利さですよね。

でもたまに不安になりませんか?

「これ、相手を間違えて振り込んだら、どうなるんだろう?」って。

お金を振り込むのですから、慎重になっているはずですが、もし毎月の慣れた相手先であったり、急いでいたりすると、間違うことがあり得ます。

「組み戻し」という手続きがある

相手を間違えて振込んだ場合、ほとんどの金融機関がこの手続きに応じてくれるのが一般的と言われています。

銀行を通じて、間違って振込んだ相手に連絡を取ってくれるという手続きです。

ですが、任意であることに注意が必要です。

だって、振り込む際には、「いかなる場合にも払い戻しはできません」みたいなことが告知されますから。

じゃあ、泣き寝入りするほかないんですか?ですよ。

それはおかしいですよね。

だって、本来なら受け取るべきではない人が金銭を得ているのですから、例え自己責任であったとしても、それがまかり通るのは、社会として問題です。

受け取った側は、「不当利得」ということになります。

では、もし相手を間違って振込んだらどうすればよいかですが、振込元(ATMとか)の金融機関にて、振込明細書など証拠を提示して、「組み戻し」手続きを依頼しましょう。

ただし、金融機関への手数料が必要ですよ(有料)。

流れとしては、振込元の金融機関から、振り込んだ相手先の口座を所管する金融機関に、照会がされます。

「間違って振り込んだので、その金銭を戻してください」という趣旨の連絡が、受取人に向けて発信されることになります。

しかし、相手方の金融機関から受取人に、必ず連絡が到達するとは限りません。

もし、登録されている住所や電話番号から変っていたら、もはや連絡が取れません。

もしくは、受取人が払い戻しを拒否するかもしれません。

あくまで、相手が協力してくれなければ、金融機関は受取人の承諾なしに取り消してはくれないのです。

しかも、金融機関から「ダメでした」と連絡があったとしても、その相手の連絡先は、個人情報保護の観点から、まず教えてくれません。

だったら、どうするか、です。

こちらが弁護士を立てて、情報開示請求などを行い、最終的には裁判所の決定をもって、相手と交渉する必要があると考えられます。これってかなり高いハードルですね。

だからといってお金を受け取った人が、「何か知らんけど、お金振り込まれた。ラッキー。問い合わせには無視しとけばいいや」ってものではありません。

相手方である受取人は、払い戻しに応じなければ、「不当利得」に問われる可能性があります。

落とし物をネコババしたのと同じで、人の物(お金)は、ちゃんと返さないと罪に問われる恐れがあります。

通常は払い戻しに応じてくれるはず

相手がちゃんとした企業であったり善良な方なら、常識からすれば、払い戻しに応じてくれるでしょう。

この場合、「組み戻し」の手続きは、とても有効で有難いですよね。

問題は、常識が通じない相手であった場合です。

これが厄介なのです。

最終手段は「不当利得返還請求」訴訟

つまり、裁判をする必要が生じるのです。

これには弁護士費用もかかりますから、間違って振り込んだ金額に見合うかどうかが、回収するための判断基準になるのではないでしょうか。

 

「間違った者の自己責任」という言葉では、到底納得いかないし悔しいですよね。

やはり振込先を間違えないよう、注意するほかないでしょう。

どうぞお気を付けくださいね。

スポンサーリンク

新着記事

その抵当権は大丈夫?親の不動産を相続する前に確認したいこととは!?

他人の抵当権は負担でしかない 親が死亡するなどで相続が発生した場合に不動産があれ ...

特別養子縁組の制度が変わる!原則15歳未満まで対象に!

令和2年4月1日から改正民法が施行 特別養子縁組の対象年齢が15歳未満に 特別養 ...

チュートリアル徳井義実氏は納税違反だけではない!社会人として果たすべき義務とは!?

所得税が未納付だった背景は? お笑い芸人の徳井義実氏(チュートリアル)について、 ...

遺言書の作成をお願いする立場で確実に財産を取得したいのなら、生前贈与も検討すべき!?

遺言書は必ずしも万能ではない 遺言書は、何度でも書き換えることができます。これが ...

遺言書の遺言執行者は専門家がなるべきなの?相続人じゃない理由を確かめるべき!

遺言執行者=専門家はベストではない!? 公正証書遺言は形式に沿った内容となるので ...

遺産分割協議書には登記簿から?それとも固定資産の台帳から?どっちの情報を書くのが正しいの?相続が発生した時に大切なこと

登記簿と固定資産課税台帳の記載が異なる場合がある 登記簿(登記事項証明書)と固定 ...

キャッシュレス決済・ポイント還元制度は加盟店申請をしなければ対象外!?急がなければ10月1日に間に合いませんよ!

電子マネーを提供してくれている事業者(キャリア)任せではダメ キャッシュレス決済 ...

将来の相続を診断しませんか?自分の現在地を把握しシミュレーションして、争続トラブルを回避しましょう!

相続トラブルが発生した割合の約32%が、遺産1千万円以下という現実 相続トラブル ...